1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

もももぐらの巣

青梅市近辺で生き物を撮影してま~す。


"ハチ、アリの仲間" posts

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: ハチ、アリの仲間   Tags: ---

コガタスズメバチ


<2012.12.16 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

倒木の樹皮をペリリと捲ったらこれが出てきてすごく焦りました。

予想していなかったもので…。

そっかぁーこうやって越冬するのか…
起こしてごめん。

撮影後、しっかり元通りに戻しておきました。

DSC_111700.jpg
<2012.12.16 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

ハチのデザインは凄く好きなんだけど
正直こわいんだよね…。

やっぱり刺されるとホントに痛いもの。
痛いものー。

でも本当にカッコイイ!
イケメンだわー。

あ、女王か、コイツは。

で、調べたらこの倒木が見事にコガタスズメバチの越冬条件にドンピシャだったことがわかった。
なるほど…勉強になった。

知らないことばかりで面白いなぁ。


スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

12 18 ,2012  Edit


Back to top


Category: ハチ、アリの仲間   Tags: ---

ムネアカオオアリ女王


<2012.05.20 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

新女王様です。

暖かくなってくると新女王が巣が飛び立ちます。

交尾を終えると羽を自分で落とし、産卵に適した場所に移動してから産卵、子育てがはじまり
ワーカーが出始めると女王は産卵に専念して急速にコロニーの規模が大きくなっていくのですが
比較的大きな種類ははやり殖えるのが少し遅いようです。

Comment: 0   Trackback: 0

12 07 ,2012  Edit


Back to top


Category: ハチ、アリの仲間   Tags: ---

ムモンホソアシナガバチ

DSC_87400ムモンホソアシナガバチ
<2012.05.13 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

細身の比較的優しい色をしたハチさんです。

が、見た目と裏腹に結構攻撃的だとか。

刺されたらやっぱ痛いそうです。
ハチですしねぇ。

見た目そっくりなヒメホソアシナガバチって種類もいるそうです。
そちらとの違いは顔に黒い線があるかないかだそうで
見たことないのでよくわがんね。



Comment: 0   Trackback: 0

12 05 ,2012  Edit


Back to top


Category: ハチ、アリの仲間   Tags: ---

オオスズメバチ


<2012.09.22 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

地面でもがいていたオオスズメバチ。
どこか負傷でもしているのだろうか…。

後日ネットでオオスズメバチを調べていたらオオスズメバチ同士でケンカしたりすると刺されて毒の影響で弱った個体が地面に落ちていることがあると知りました。

なるほど…この個体ももしかしたらケンカした後なのかもしれない。

DSC_03360.jpg
<2012.09.22 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

しばらく見ていたら地面に転がってしまった。
残念だけどもう起き上がることはできそうになかった。

昆虫でもなんでも全ての生き物は必死に生きようとしている。
弱り、死んでいく姿を見るのはどうしても悲しくなるものです。



Comment: 2   Trackback: 0

10 14 ,2012  Edit


Back to top


Category: ハチ、アリの仲間   Tags: ---

コアシナガバチを襲うヒメスズメバチ


<2012.08.09 撮影地 青梅市、使用カメラ Nikon D300>

前回の記事にあるようにコアシナガバチが庭に巣を作っていたのだけど…
ある日を境に巣はボロボロになり個体数が減少しました。


アシナガバチなどの巣を襲うハチの話を聞いたことがあったのでネットで調べてみたら
「ヒメスズメバチがアシナガバチなどの幼虫を襲って食べる」とあったので
おそらくヒメスズメバチの襲撃だろうと予測。


そしてその巣は捨てられ今では一匹もハチがいません。
かわりに近くに置いてあった脚立に小さな巣が出来ていました。


その巣に気付いてから数日…
また巣がボロボロになっていってることに気付きました。
巣の下には成虫の残骸が転がり本来幼虫が入っている場所は破られ殻になっている状態です。


さらに数日後、仕事を終えて巣の確認にいってみると…
なにやらでかいのが一匹巣についてる…


ヒメスズメバチだ…やはりコイツか…


襲われたコアシナガバチ達は幼虫が目の前で食べられていても何もできずに見ているだけの状態でした。
この体格差じゃ勝ち目が無いのは明白ですもんね…。


今、このコアシナガバチはまた別の場所に巣をつくりはじめてます。
自然は厳しいですがたくましいものです。



Comment: 3   Trackback: 0

08 12 ,2012  Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。